医療者は時に、

患者さんの人生を図らなければいけない。

 

図り方次第で、

人生を大きく変えてしまうのも事実。

 

 

ラグビー少年は、毎日、学校や公園で、

タッチフットボールを楽しんでいた。

少年は、その当時、強い神戸製鋼ラグビー部の平尾選手に憧れていた。

神戸製鋼の試合を花園ラグビー場にときどき見に行っていた。

ある日の試合後、花園ラグビー場の食堂に、

平尾選手のチームメイトの林選手と大八木選手がいて、

カレーライスを食べていた。

ラグビー少年は、サインをもらいに行った。

「平尾選手みたいになるにはどうしたらいいですか?」ときいた。

彼らは、その少年を見て言った。

「まずは、君ぐらいのカラダではあかん。ご飯食べて、もっと大きくなりや。

そして、平尾みたいになるには、もっともっとラグビーを楽しむことやな」

 

ラグビー少年は、ラグビーは楽しくやる!ご飯を食べて体つくり!で、

その後、20年近く、ラグビーを楽しんだ。

タッチフットボールは、いつの時代も大好きだった。

 

今は、プレイはしてないが、ラグビー観戦は相変わらず大好きだ。

 

少年の人生において、RUGBYは、なくてはならない文化だ。

 

林選手や大八木選手の言葉は、

ラグビー少年の人生の指南とも言えるものだった。

ラグビー少年の顔つきと心意気と身体つきを、

よく見て、人生を図ってくれたのかな、、、と、

ふと思い出した。

 

 

タナカも、しっかりと、

人生を図れるようになりたい。

 

楽しくがんばります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング