今日は、ちょっと難しい話だ。

ゆっくり、眺め、読み、考えてみて欲しい。

 

 

不安=急変✕医療依存度

 

 

不安スコアが高いと、

やはりザイタクはうまくいかない。

 

ザイタク生活における不安は、

急変の経験医療依存度を掛け合わせたものだ。

 

急変経験のトラウマは、

初回急変経験が一番大きく影響する。

病院医療で、通院治療中の急変救急車利用は、

その後の在宅生活のトラウマとなる可能性がある。

ザイタク医療では、初回急変対応如何で、全てが評価され、

ザイタク生活維持が大きく左右すると言っても過言ではない。

できうるならば、どの医療においても、急変は未然に防ぎたい。

 

 

医療依存度は、簡単に言うと、医療行為の多さ、である。

病院医療を、そのままザイタクに移設することは、やはり難しい。

医療依存度の高い代表的なものは、

輸血、化学療法、人工呼吸・人工透析・人工栄養等だ。

 

 

不安=急変✕医療依存度

 

不安スコアが高いと、

ザイタクはやっぱりうまくいかない。

 

 

 

タナカとしては、初回急変対応と、

医療依存度に関するインフォームド・コンセントを、

今後もしっかりと取り組みたい。

 

 

実はこれこそが、人生会議であり、

アドバンスドケアプランニングであり、

玉手箱研究会の心づもりでもある。

 

今日は一日、この事ばかり考えていた。

まだまだ頑張っていかなければと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング