点滴なんかで元気にはなれない。

鼻からの栄養でも元気にはなれない。

気合だけでも元気にはなれない。

 

元気がでなければ、

生きる希望も湧いてこない。

生きる希望がなければ、食べる気持ちにもなれない。

結局、待てど暮らせど食べられるようになんかならない。

 

こんなことは、考えてみたら当たり前だ。

 

 

でも、

でも、

ちゃんと食べるための戦略を示せば、

希望の光が見えてくる。

 

食べられる可能性があることが、

先生の作戦で、よくわかりました。

希望の光が見えました。俺がんばります。

 

めっちゃ笑顔だった。

顔に、俺は生きるぞ!!!という血の気が戻ってきた。

 

「せんせい、ほんまはな、妻の作ったハンバーグが食べたいんや」

 

 

チャレンジしようじゃないか!

人生はいつの時代も挑戦だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング