肺がんの在宅看取りは、

地域医療では、難しいとされている。

 

 

 

が、

 

 

ご本人の意思次第で、

ご家族の覚悟次第で、

そして、緩和次第で、

ザイタクでの笑顔の暮らしも、

手に入る。

 

帰るまでには、

すったもんだがあったけれども、

帰ったお家で、最期の時まで、

大好きな冷えた『スイカ』を食べて、

ご家族に囲まれて旅立たれた。

 

ザイタクの期間はたとえ短くても、

そこには、平穏に旅立たれたご本人への家族愛があふれていた。

 

 

 

一方で、

 

 

ご本人の意思があり、

ご家族も一生懸命で、

そして、緩和もうまくいっているのに、

ザイタクでの笑顔の暮らしを、

諦めた方もある。

 

入院されて三日目に病院で、旅立たれた。

入院直前に、せんせい、ありがとうな、、、

と話された彼の笑顔が、胸に刺さる。

 

ザイタクの期間はどんなに長くても、

そこには、疲れ切ってしまったご本人とご家族の苦しみが残っている。

 

 

 

 

正しいことを正しいと言うだけでは、

ザイタク医療は、患者さんの救いの手にはならない。

 

 

どうすれば、

ザイタク医療の先の楽しい人生を手にしてもらえるか、

その方法を、必死に探そうと、

決意を新たにしている日曜日。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング