ベッドなんて要らんわ。

そんなに悪くなってない。

起きるのも問題ない。

そんな話しせんといてや。

まだまだ2階の部屋のベッドで寝れるで。

 

まさに、そのとおり!

この気持ちは、あって当然。

 

 

福祉用具をザイタクに、導入する時。

 

この気持ちをしっかりと、本当に、

理解していなければいけない。

 

この気持ちを理解した上で、

今後起こり得る身体機能の変化の予測も

できていなければいけない。

 

 

なので、一言。

 

福祉用具の導入は、

ザイタクの命運を握っている。

 

今一度、肝に銘じよう。

ザイタク医療に関わる全ての人は、

福祉用具の導入を決して軽んじてはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング