おはようございます。

 

昨日の続き。

 

せんせい、

普通の医者は、死ぬ話なんかせえへんで。

健康を、普通に診てくれてたらええんや。

普通の医者をやってくれへんか?!

 

ふと思った。

死ぬ話や、在宅医療の話って、

患者さんにとってだけでなく、

医者の世界でも、こんなにも、

普通ではなくなっているんだろうって。

 

普通の医者

 

生活を診て、

生活の中の生き様に、

触れさせていただき、

その人らしさを支え、

生活の中の『死』を、

一緒に考え、一緒に歩む。

 

こんな普通なことを思い描きながら、

医者になっていくことを、

医者自身が、普通に思わなくなるのは、

いつからなんだろう。

 

医者の友人と話したことがある。

 

この普通の感覚が、なくなってしまうのは、

医者になっていく時のいつの時期?!

 

たぶん、病院の実習にふれる頃かなあ、、、

 

じゃあ、医学生3,4年の頃が、ギリギリ限界やな。

 

 

今日は、ザイタク医療の普通の日常を、

医学生3年生と、一緒に訪問してみる。

 

ザイタク医療が、医者の中で、

普通になるように、まず行動してみる。

 

 

少しの一歩が、きっと、未来を変える!

今日も一日いい日でありますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング