100個のお薬や検査よりも、たった1つの心づもりを。

 

いろいろな治療を受けてこられ、

ありとあらゆる種類の積極的アプローチをし、

病気と戦ってこられた方が時々ある。

 

そこには、束にしておいてある検査結果用紙や、

お薬情報のペーパーが山積みになっている。

中には、飲み忘れ?!それとも、

断りきれず、顔を立てた遠慮の塊の処方薬の山々。

 

医療や介護では、目の前の優しさだけではない、

真の優しさが必要なこともある。

真の優しさが伝わらず、ときには、

石を投げられることもある。

 

それでも、彼らがお家で最期まで過ごしたいというのなら、

たった1つの『心づもり』の時間を、ともにしてあげて、と切に願う。

 

 

彼らの『心づもり』のためには、

誰だって、どんな時だって、

心づもりをしておいてほしい。

 

その人の治療や人生に少しでも関わっているすべての人が、

彼らの『心づもり』のために心づもりさえしていれば、

きっともっとうまくいく。

 

そう、そんな風に今日も感じた。

 

みなさんを応援しています。

『心づもり』のための心づもりを、切にお願いします。

頑張りましょう。僕も頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング