玉手箱研究会の集まりがあった。

 

2019年1月に活動を開始。

 

1年目はシンポジウムを一度。

2年目はコロナで停滞するものの、

オンラインでのつながりを模索チャレンジ中。

 

さあ、いよいよ成果を出すための3年目である。

 

ここで、成果がなければ、

この会の存在意味は、

ただの飲み会『串カツ末期』とすべきだ。

 

この会の成果とは一体なにか?!

 

シンプルだ。

 

ACPにおいて、

判断の中心となる、

テーマ『非開始と中止』を、

市民さんとともに議論し、

日本人の死生観を成熟させること。

 

そのために、急いでいる。

 

『路地裏兄弟』活動は、

その抽象的なテーマを、そして、

表に現れない大半の願い・想い・希望を、

市民さんとともに具現化・言語化するものだ、

と考えている。

 

まだまだ道程は遠いが、

旅は始まったばかりだ。

 

玉手箱研究会の3年目の成果にも期待して欲しい。

 

皆さま是非ともその夢ご一緒に。

お付き合いよろしくお願いします。

 

 

追記:

明日12時過ぎ頃~YOUTUBE、FACEBOOKにて、

路地裏兄弟のぶき先生と『路地裏会議』ライブ配信開催します。

お時間ありましたら、書き込み等でご参加いただければ嬉しいです。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング