望むザイタクか、望まざる在宅か、

 

そんな選択を迫られる時代になってきた。

 

10年以上前から、

大好きな祖母をザイタクで看取ったときから、

必死に急いできたが、

必死に戦ってきたが、

必死に仲間を集めてきたが、

こんな選択をしなければいけない時代がやってきた。

 

 

 

望むザイタクか、望まざる在宅か、

 

 

 

僕はずっと、

望むザイタクを、

追いかけてきた。

 

『心づもり』次第で、

望むザイタクがそこにあることを、

必死に伝えようとしてきたし、

今もまだ、必死だ。

諦めてはいない。

 

認知症があったって、

癌になったって、

骨折をしたって、

どんな病気や症状があったって、

ずっと望むザイタクを、目指してきた。

 

 

しかし、今、

望まざる在宅の津波が、

押し寄せてきている。

 

まだ間に合う。

僕の話を聞いて欲しい。

まだ間に合う。

コロナや高齢化という渦は、

望まざる在宅の津波となって、

僕たちの夢を飲み込んでしまうかもしれない、、、

まだ間に合う。

みんなで高台に逃げよう。

誰一人としておいてはいかない。

 

『心づもり』をして欲しい。

 

そうすれば、みんなのところには、きっと、

望むザイタクが確かに存在するはずだから。

望むザイタク文化がきっと育っているはずだから。

 

 

『心づもり』をして欲しい。

 

 

まだ間に合う。

応援しています。

一緒に頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング