ザイタク医療は、

患者さん市民さんと作り上げていくもの。

 

そして、その中心は、

訪問介護とリハビリだと思っている。

 

 

これからの20年の、

地域包括ケアにおける医療保険の分野は、

どんどん、まるめ医療(包括医療制度)と、

なっていくはず。

在宅医療分野のほとんどが、

まるめ医療になるだろう。

そんな気がしている。

 

一方、

地域包括ケアの介護保険の分野は、

どうだろうか?

おそらくこちらも、まるめ介護になるはず。

もうすでに、

老健や小多機、

看多機や巡回型、

がそうなっている。

 

 

さてと、僕たちは、なにをしようか?

 

少なくとも、まるめの中では、

単位の取り合いなんてない。

 

これからのザイタク医療は、

訪問介護とリハビリだ。

 

実際に、現場では、

一番必要とされている。

 

今年こそ、一番、必要なここのところに、

注目したい。学んでいきたい。そして、応援したい。

 

 

患者さん市民さんと、

訪問介護とリハビリと、

今年は、中心に、学んでいく。

 

 

 

 

玉手箱研究会 三田ローカルライブ配信まで、あと9日。

ピンコロ4劇『非開始と中止』まで、あと41日。

そして、

ドキュメンタリー映画『けったいな町医者』公開まで、あと41日。

映画『痛くない死に方』公開まで、あと48日。

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

たなかホームケアクリニックYOUTUBE

チャンネル登録よろしくお願いします。