そろそろ、在宅医療を始めましょう。

 

そう言われた時、どう思いますか?

 

そんな往診してもらうほどじゃあありません。

まだ家族が通院介助できるので、往診の先生は要りません。

 

そんな返事をよく聞く。

 

でも、実際には、

介護保険の認定は受けていて、

ケアマネさんも居て、

週1回訪問介護が入ってます。

週1回デイサービス行ってます。

みたいなことが多くある。

 

こんな場合、

主治医は、中核病院の先生なので、

 

なにかご本人に起こる時、

中核病院に家族が連絡、救急車、

救急外来受診、入院、もしくは、通院継続。

となる。

 

これで、いいのか悪いのか、どうだろう?

 

 

住み慣れたところで人生を全うしたいのか?

それとも、そうではないのか?

どちらだろう?

 

住み慣れたところで人生を全うしたいのなら、

僕は、これは良くないと思う。

 

 

住み慣れたところで人生を全うするという大事業には、

素敵なザイタク支援チーム『作り』が必要です。

 

まさに、『ローマは一日にしてならず』というように、

チーム『作り』には、時間と労力がかかる。

当たり前だ、そこには多くの人がかかわるから。

 

そして、その、チーム『作り』は、

ご本人、ご家族、市民さんを中心にだ。

医療者(医療保険領域)だけでは、ローマはできない。ローマにはならない。

介護者(介護保険領域)だけでも、ローマはできない。ローマにはならない。

 

みんなで、チームを作って、

大事業を成し遂げたいと僕は考えている。

チームが作れなければ、その夢は決して叶わない。

 

チームが、必要なのではなく、

チーム『作り』が、必要である。

ここがポイントだ。

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

たなかホームケアクリニックYOUTUBE

チャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

 

 

新型コロナの状況次第で急遽予定変更となることがあります。

玉手箱研究会 三田ローカルライブ配信まで、あと7日。

ピンコロ4劇『非開始と中止』まで、あと39日。

そして、

ドキュメンタリー映画『けったいな町医者』公開まで、あと39日。

映画『痛くない死に方』公開まで、あと46日。