ほぼ毎日毎日、人生会議の繰り返し。

 

そんなことは、医者になって、

 

60歳の乳がんの患者さんが、

深夜、執刀医ではない研修医の僕に、

『チクビをどうするか』を、

相談してくれたあの日から、

 

ずーっと毎日毎日、やっている。

 

 

明日、朝一番にワタシ、手術なの。

手術の術式、まだ悩んでるってこと、

執刀医に聞けなかった。

チクビを残すかどうか。

こんな話、執刀医には聞けないわ。

先生になら相談できると思って。

どう思う、チクビ?

 

そこから2時間、彼女の病室のベッドに、

並んで座って、あれやこれやと話し込んだ。

旦那さんとの出逢い、育てた子どもたちのこと、

介護で姑を看取った話、等々、

時には泣いて、時には笑って、

あっという間の2時間だった。

 

先生、ワタシやっぱりチクビはあきらめるわ。

子どもたちの子供の世話をする未来が欲しいから。

 

今でも、

あの深夜のチクビ相談のことは、

はっきりと覚えている。

 

あの深夜から、ほぼ毎日毎日、

僕は人生会議をしてきた。

 

患者さんとともに人生会議をしてきた。

人生会議って名前じゃなかった頃から。

 

患者さんが教えてくれた、

生きるということ、死生学。

その死生学に、毎日取り組んできた。

 

 

さあ、今日も、人生会議してこよう。

患者さんとともに『生きる』に取り組もう!

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

 

たなかホームケアクリニックYOUTUBE

チャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

 

 

新型コロナの状況次第で急遽予定変更となることがあります。

玉手箱研究会 三田ローカルライブ配信まで、あと6日。

ピンコロ4劇『非開始と中止』まで、あと38日。

そして、

ドキュメンタリー映画『けったいな町医者』公開まで、あと38日。

映画『痛くない死に方』公開まで、あと45日。

 

 

 

 

 

 

追伸:

そう言えば、あの深夜より、もっともっと昔に、

こんな事やってたわ。あんまり進歩ないね、俺達って(笑)。