しょっちゅう、

サラリーマンの友人と電話する。

 

医者バカにならんようにするのに、

この電話が随分と助かっている。

 

目的は、、、、、相互理解?!

オッサン二人の電話やから、たかが知れてる。

まあ、ただの息抜きでもあるんだが、、、(笑)。

 

タナカは、ピンチの時、

優秀だった胸部外科医のことを思い出す。

 

彼は、ピンチの時こそ、

とっても優しく穏やかで、

それでいて勇敢だ。

 

優しく穏やかに前に立つ。

 

そして、その彼は、色んな人と仲良しで、

普段からの相互理解に余念がない。

そこのところを、ホント怠っていない。

だから、よく遊ぶ。色んな人とよく遊ぶ。

 

心臓手術や肺の手術では、必ず、

どこかでピンチがあることを、

よく知っているからだ。

 

ピンチを乗り越えるには、

チームがなければならない。そして、

チームを知らなければいけない。

 

チームとは、

その患者さんに関わる全ての人たちのことだ。

手術室の掃除のおばちゃんのことに至るまで、

誕生日とかを知っていた、彼は。

 

ピンチの時、相互理解は、

なによりも、リーダーを救う。

そして、患者を救う。

 

次の、ピンチまでに、

もっともっと相互理解をしておこうじゃないか、

そう思いませんか、皆さん?!

 

こんな時だからこそ、

次のピンチの準備に取り掛かろう!

相互理解を始めよう!

 

サラリーマンの友人が教えてくれた。

ありがとうございます。

 

 

ちなみに、今日は僕の誕生日!

47歳になりました(笑)。

皆さん、ありがとうございます。

 

 

 

 


ブログランキング参加中です。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。


 

 

 

 

新型コロナの状況次第で急遽予定変更となることがあります。

玉手箱研究会 配信は、録画(路地裏会議at有馬富士)に変更配信中。

ピンコロ4劇『非開始と中止』は、延期が決定しました

またいつかお逢いしましょう!!!

 

そして、

 

ドキュメンタリー映画『けったいな町医者』公開まで、あと22日。

映画『痛くない死に方』公開まで、あと29日。