死ぬことなんて考えたくない。

もっと明るい話をしておくれ。

下山なんかワタシはしたくない。

まだまだオレは頂上を目指すんだ。

 

そんな心の叫びを、時々耳にする。

 

『終末期リハ』の考え方のもと、

タナカはアプローチすることが多いのだが、

どうも、それでは、アカン気がしている。

 

ネーミングがアカンのかもしれない。

そして、終末期そのもののイメージも悪い。

やっぱり下がっていくことやから、かな。

 

昔、日野原先生の本で、

老いる事の素晴らしさについて、

書かれた本を読んだことがある。

 

長老、とか、老子、とか、

そんな素晴らしい『老』の言葉があるように、

『老』は悪いことばかりではない。

 

肉体的に、下がっても、

精神的には、成熟していっている。

だから、アンチエイジングが全てではない、と。

 

とすると、下山の中にも、

精神的な再創造(RE-CREATION)

例えば、

お花見に行く、とか、USJに行く、とか、

ディズニーランドに孫を連れて行く、とか、

淡路島でおうどん食べた、とか、

三男の結婚式に出席できた、とか、

相撲を一緒に取ってみる、とか、

富士山を家族で見に行った、とか、

焼肉行った、とか、黒枝豆取りに行ったとか、

なんか、イベント系ザイタクをやってると、

イロイロやってきたことが目に浮かぶ。

 

そんな、再創造(RE-CREATION)が、あるように思えてきた。

下山の中にも、きっと、生きる希望になる。

 

最期の再創造(RE-CREATION)を、研究しよう。

 

 

エンドオブレク研究所、立ち上げます。

これも新たな夢。

相変わらず気が多いタナカでした(笑)。

 

 

 


ブログランキング参加中です。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。


 

 

ドキュメンタリー映画『けったいな町医者』関西地区ロードショーは、2月26日から。

映画『痛くない死に方』関西地方公開は、3月5日から。