ザイタクホスピスにトライする時、

一番大切なことは、

 

最期までその人らしさを保つこと

 

だと阪神ホームホスピスを考える会の

ゴッドマザーに教わったことがある。

 

それは尊厳を保つこと、だと理解している。

 

尊厳を保つには、まず前提として、

その方へのリスペクトが土台となる。

 

ボクら医療介護提供者は、

ときに、その方への『リスペクト』を、

忘れてしまうことがある。

 

常に、そのことは忘れていけない。

 

 

 

あるご夫婦の話。

 

その人らしさを保つため、

保清は何より大切で、

訪問入浴を導入することに。

 

その時に、ご本人のご主人への、

リスペクトが足らなかった。

 

彼は、愛する妻がすごくすごく大切で、

今でも、心から愛しておられた。

入浴の重要性もよくよくご理解されていた。

 

しかしながら、どうしても、訪問入浴は嫌だった。

 

プラン導入の場では、口にはされなかったが、

妻の訪問入浴の日に、こっそり訪問して、

畑に逃げ出しておられた彼に、理由を尋ねてみた。

 

彼は、静かに辛そうにこう話された。

 

愛する妻が、他の誰かに、

体を洗われるのがどうしても、

嫌なのだそうだ。

 

ハッとした。反省した。

年齢なんて関係ない。

 

誰かの尊厳を保つために

誰かの尊厳を傷つけていた。

 

もっと真剣に尊厳を保つこと、

相手を心からリスペクトすること、

このことに、トライしなければ。

そんなザイタクに、トライしなければ。

 

まだまだだなあ、、、、

人をちゃんとリスペクトしよう。

 

 

今日は、その彼にとても似ている方が、

愛する妻に向けて贈った歌を聴いて下さい。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。