先日、

お一人様ザイタクのご本人さんを囲んで、

窓全開、換気万全、マスクも着用、

ソーシャルディスタンスも保ちながら、

美人のケアマネさんを中心に、

とっても素敵な担当者会議が開かれた。

 

 

何より素敵だったのは、

コレまで一番、ザイタクを支援してきたヘルパーさん

(サービス提供責任者)らの関わり方をお聞きしながら、

『ご本人さんらしさ』を引き出していく人生会議になったこと。

 

美人で仲良しのケアマネさんの司会で、

タナカは初対面のヘルパーさんではあったけれども、

上手いこと、コレまでの介護ヒストリー

引き出していただけ、教えてもらえた。

 

そのご本人さんとヘルパーさんとの間の介護ヒストリーにこそ、

お一人様ザイタクの安心安全な継続のヒントが沢山存在する。

 

実のところ、

コレからのザイタク文化・介護保険の醸成は、

ヘルパーさんとの情報共有にかかっている。

と、タナカは考えている。

 

 

この素敵な担当者会議においてこそ、

現場のヘルパーさんらとの連携構築を模索できる。

 

 

彼女らと連携構築すべき職種は、

医者だけでなく、看護師、薬剤師、

歯科医師、歯科衛生士、栄養士、等々。

そして、何よりも、

生活再建を主とする職、

つまりリハ職も!!!

なのかもしれない。

 

意識高い系の担当者会議は、ホンマ楽しかった((笑))

皆さん、また、時々、お逢いしましょう!

 

 

 

 

毎日読んでいただき、

本当に嬉しいです。

皆様の応援が明日への希望です!!!

良かったら、クリック

よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。