うちのクリニックは、

ザイタク患者さんからの電話は、

基本タナカ自身が出る。

 

在宅医療をされてるかかりつけ医は、

普通そうなのかもしれないが、、、

 

 

 

ボクがシャワーしてたり、トイレしてたり、

他の患者さんの対応していたり、等々以外は、

ほぼ全部の電話をタナカが対応する。

 

以前、レビーの母親の電話魔で混線し、

数回ご迷惑をおかけしたことがあって、

その後は、電話回線を増やし解決するようにした。

今も基本、タナカがファーストコールに応じている。

 

 

医者がファーストコールに出ることのメリット、

1番は、患者さんが何より安心できる。

2番は、急な場合の対応指示等がスムーズ。

3番は、訪問看護師さん等への指示も的確にできる。

 

医者がファーストコールに出ることのデメリット、

1番は、医者も人間、プライベートなことで迷惑をかけることがある。

2番は、24時間365日ずーっと緊張しているので、長持ちはしないかも、、、

3番は、これを維持するために、支えるスタッフに過重労働を強いてしまっている。

 

 

 

それでも、

 

医者がファーストコールに出ることは、

何よりも求められていると思っている。

 

 

これからも、この事を継続できるように、

クリニックみんなで、取り組んでいきたい。

 

 

今日は、このファーストコール対応のおかげで、

望まない救急搬送対応に、応じることができ、

あるザイタク患者さんのザイタク継続を死守できた。

 

「センセ、ありがとうね。今朝から大事やったけど、結局、

こうして、いつもと変わらずお家で、のんびりしてられたわ。

元通り、元通り、ワタシ、このままザイタクさせてよね~~~」

 

彼女は、ザイタクでのお一人様ピンコロを心から望んでおられる。

やっぱりファーストコールは、タナカがエエなあと思えた日曜日。

 

 

 

 

 

毎日読んでいただき感謝申し上げます。

良かったら、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。