今日は、祖父母のお墓掃除をしてきた。

 

ここに来て、祖父母と会話する。

悩みがスーッて、整理されていく。

 

 

今のタナカを形成する大好きだった祖父母、

病院で最期を迎えた祖父と、

家で最期を迎えた祖母が眠っている。

 

透析をしながら、最後まで透析となった祖父の最期は、

呼吸停止した後に、病院に会いに行った。

意識はもうないから、家で呼吸停止するまで待ってて、

どうせ、わからないだろうと、

どこからともなく言葉があったことを思い出した。

 

なぜか、この死が、医者4年目のタナカには普通に見えた。

 

 

 

白梅を見たり、苺を食べたり、孫にオムツを変えてもらいながら、

息が止まるまさにその瞬間まで、家族と過ごした。

意識はないが、お家であることを感じているかのような

最期だったことが今でも思い出される。

 

なぜか、この死が、医者4年目のタナカには非日常に見えた。

 

 

今のタナカは、普通が非日常で、非日常が普通となった。

 

この20年、いろいろなことを学んだ。

よく考えたら、、20年もかかった。

 

死を考えるとき、やはり、コレほどの年月を要することを考えると、

死の文化の世代間交流は、絶対に必要不可欠であると、感じている。

20年もかけていては、この国は滅びてしまう。

 

 

今日のお墓掃除は、その事を考える良い機会となった。

 

 

 

 

 

毎日読んでいただき感謝申し上げます。

良かったら、クリックもよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。