先生、ワタシね、どこも痛くないんよ。

でもね、ワタシね、、、

もうどうしていいかわからなくなって、、、、

みんなね、優しくしてくれるし、手伝ってくれるし、

何も怖くないし、それでもね、

ご飯が食べたくないときとか、

脚のむくみがあんまり引かんときとか、

夜中に目が覚めてなぜか涙が出るときとか、、、

どうしていいかわからんくなって、、、

 

自分が自分でなくなるみたいで、、、

 

 

 

いつも思う。医者なんてホンマ無力やな。って。

 

話を聞く、なんてことはいくらでもする。

そんな簡単なことならいくらでもする。

夜中じゅう、携帯電話を握って待っている。

 

それでも、その苦しみは救えない。

 

自分らしくいられなくなることは、

あまりに辛いことだろう。

想像するだけでも苦しい。

やはり祈ることしかできないんだと、気付かされる。

 

でも、自分が無力であることを、

正直に認められない自分がいて、足掻く。

 

 

 

 

この世から、ガンがなくなるよう祈っている。

今ガンの人のガンも消えてしまうよう祈っている。

 

僕ができることは、話をきくことぐらいしかできない。

 

謙虚でいよう。感謝しよう。日々学ぼう。努力しよう。

今週も大切な一週間だった。

 

 

 

 

 

毎日読んでいただき感謝申し上げます。

良かったら、クリックもよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。