来月末に高校生にザイタク医療を話す機会を頂いた。

そこで、まずは、高校生の息子と中学生の娘に相談した。

 

 

在宅医療ってどんなイメージ?

そもそも在宅医療って知ってんの?

 

答えはこうだ。

 

誰が使うか知らんけど、

ウーバーとか宅配ピザとおんなじチャウン?!

 

更にこうも続けた。

せやけど、普通は病気になったら病院行くで。

 

 

 

昔の赤ヒゲ先生のように、

病気のことはもちろんだが、

生活相談、人生相談、家族の相談、

地域の防災の相談や祭りの相談等々。

 

こんな感じは、もしかすると、古いのかも知れない。

こんなイメージのザイタク医療を夢見てきたが、

どうやら、今の若者は違うようだ。

 

 

ザイタク医療とは、もしかすると、

宅配ピザをお届けできた後やっとこさ、

チャレンジできることなんかも知れないな。

言い換えると、宅配ピザがなければ存在しないのかも知れない。

 

宅配ピザをどうするのか、今一度考え、そして、出直したい。

 

今回の発表の機会は多方面において、

大変良い結果を生み出しそうである。

心から感謝申し上げます。頑張ります。楽しみます。

 

 

 

毎日読んでいただき感謝申し上げます。

良かったら、クリックもよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。