毎年この時期、

市民病院の研修医先生が交代で、

2週間ずつ地域医療研修にやってくる。

 

毎年お伝えすることは、

在宅生活を維持するために大切な

地域医療連携の具体的なこと。

 

地域医療連携は、

患者さんのザイタク生活を維持するために大切。

そして、具体的には、並診が大切であるとお伝えする。

 

 

地域中核病院とザイタク医の並診だ。

 

 

いつも2点をお話する。

 

①無駄な救急搬送が減らせる。

在宅医が急変時ワンストップ診療し、

判断することで、無駄な救急搬送が減る。

それにより病院医師の疲弊を緩和し、

メインの入院治療に集中できる環境が作られる。

 

②並行する診療により、

患者さんの終末期に傾いた時の、

ザイタク医療の受け入れが容易になる。

 

多くの患者さんや患者さんご家族は、

夜間の急な変化の対応時、不安を感じ、

直接救急搬送後、入院加療を受け、

その時の経験がトラウマとなり、

在宅を諦める可能性が高まってしまうことがある。

 

並診の早期介入により、無駄な救急搬送が減り、

病院当直医の疲弊も緩和し、患者さんの在宅療養の不安も軽減できる。

 

もっともっと、

地域医療連携を予防的観点から取り組むべきだと、

12年間毎年、お越しになる研修医先生にお伝えしている。

 

市民病院の研修医からレジデントになられた若手医師の先生方は、

この地域連携の意義をご理解いただき、積極的に並診のアプローチに

チャレンジいただけるようになりつつある。

 

 

今日は、研修医先生と一緒に回った。

若い先生に診察してもらう患者さんたちも

なんだか未来を夢見て楽しそうだった。

 

 

 

 

 

毎日読んでいただき感謝申し上げます。

良かったら、クリックもよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。