センセ、私ね、先生を始める時ね、

ホントもうこの世の終わりや思うててん。

だって、在宅医療って、、、なんかネ、、、

はっきり言っていい?

死ぬときのことを考えて、、って、

言われてるみたいで。

だから、嫌やったん。

そう、やっぱりホントに

そんなこと考えたくないでしょ。

 

 

今はどうですか?タナカと付き合ってみて。

 

 

初め先生見た時、びっくりしたけど、

全然、その最期の時のことなんて、関係なく、

旅行どこ行きます?とか、

ノルディックウォーキングしてみます?とか、

掃除や洗濯とか家事もサボらんとしろ!とか、

ふつうのコトを普通に言ってくれるから、

全然、想像とちゃうかったの。

失礼なことに、勝手に死神が来るみたいに思ってたの。

こんなんやったら、化学療法通ってる頃から、

先生とお付き合いしてれば良かったわ。

 

 

今、こうして一緒に歩いてても、楽しいですよね?

 

 

なんかネ、気持ちが明るく前向きになれるのよ。

ホント、在宅医療は、こんな感じなのね、

全然知らなかったわ。

 

 

 

ノルディックウォーキングしながらの会話は、こんな感じだ。

 

 

ザイタクにおける大切なことは、

患者さんの覚悟なんかより、

僕らが、その人の暮らしに興味を持てるかどうか、である。

つまり、僕たち医療者側の問題の方が大きいように感じている。

 

 

 

もちろん、ザイタク医療は市民さんと作り上げるもの。

それでも、医療者側への働きかけも継続していこうと思っている。

 

 

 

 

 

毎日のブログは、本当に自分自身が楽しい。

そうそう、昨日は、場所探しに奔走していた。

老健時代の家族介護教室を思い出していた。

この話はいつかこのブログに書いてみたい。

良かったら、クリックもよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。