なあ、うちの看護師ら厳しいやろ?

俺は優しいけどな。どない?

 

うん、ホンマや。悪魔や。センセは好きや。

 

そういうと彼は、ムクっと起き上がった。

 

厳しく、そして愛情たっぷりの看護師らと

いつも一生懸命に取り組む基本動作を

彼は、自慢気に披露する。

 

タナカも昔からコソ練が好きだった。

こっそり必死に一人パス練習して、

みんなとの練習の時は涼しい顔して

さぞ、天才やろ俺?!って感じで

自慢気にスクリューパスを投げる。

 

彼だって、おんなじだと思った。

 

 

 

地域からの愛情に恵まれず、

孤立していった彼と彼の家族。

 

その悲しみは計り知れない。

 

しかし、うちの看護師らの必死の厳しく温かい愛情は、

雪のように冷たかった彼らの悲しみを、溶かし始めている。

 

彼からは笑顔が、彼を愛する母親からは優しい穏やかな笑顔が、

そして、誰よりも自分の息子が自慢の父親からは熱い涙の笑顔が、出始めた。

 

きっと、治りますよ。男前の僕がいますから。

そう彼の耳元で、伝えると、今日一番の声で、

「ハハハ、ハハハ、ハハハ」と笑ってくれた。

 

今日だって、ザイタクは素晴らしかった。

 

 

 

今日は、中学の頃、ラグビーの練習帰り。

自転車乗りながら、ウォークマンで、

カセットで聴いていた浜省。

良かったら聴いてください。

 

 

 

毎日読んでいただき感謝申し上げます。

良かったら、クリックもよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。