昔、在宅医療を始めた頃、

在宅医療の先輩がこんなことを教えてくれた。

 

俺らの仕事ってな、言葉に語弊があるかわからんけど、

究極の目的は、終末期リハで言う『綺麗なご遺体づくり』やねん。

せやからな、普通な、死後に四十九日法要するやろ。

その四十九日が似とってな、

だいたい生前、がんターミナル期なら、

在宅医療のお付き合いは一ヶ月半くらいやから、

生前四十九日なんやで。

『綺麗なご遺体づくり』この意味よお考えて、

心して取り組むんやで、わかったか?!

 

多くの方を在宅でおくってこられた大先輩が、

こんな話を教えてくれた。

 

生きるを支えたい。暮らしを支えたい。

そう思ってザイタクの医者をやっているが、

しっかりと送ることもまた、僕の大切な仕事だ。

 

四十九日法要が年末にある母の死の

生前四十九日を思い浮かべながら、

今日は、クリニックで『おくりびと』のDVDを観て、

涙を流しながら、ボーッとしていた。

 

人は誰でも、いつか

おくりびと、おくられびと。

 

映画のテロップを噛み締めた。

 

 

あ、そうだ!新しい事務所の院長室、

河豚の白子が食べられるようにしよっかな((笑))

 

今日は、このチェロとピアノが

僕を癒やしてくれた。良かったら聴いてください。

 

 

毎日読んでいただき感謝申し上げます。

良かったら、クリックもよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。