その延命を本人の人生のために止めたい家族と、

その延命を家族が苦しまないために望む本人と。

 

そんな相思相愛のご家族がいる。

 

 

ご家族は、彼らしく彼があるには、この機械は必要ないと考える。

その機械は、緊急事態に気が動転して、選ばざるを得なかった。

今、彼の体にはその機械が入り、ご家族は彼らしくないと考える。

 

 

ご本人は、命拾いをしてもらったがその生命を拾われたことにより

目が覚めた時に、家族を苦しめることに、やっと気がついた。

今、家族の介護負担は、その機械によって少しは軽減されると彼は考える。

 

こんな残酷な現実に直面するご家族がいる。

 

 

その苦しみに、寄り添う方法はいくらでもあるが、

その苦しみに、取って代わる方法は僕にはない。

どこまで行っても、それができないのもまた事実。

 

 

 

目の前の仕事だけに、短絡的になってはいないか。

今こそ、しっかり向き合おうじゃないか。

逃げてばっかりの人生じゃつまらない。

 

そこに向き合うプライドを持とう。

僕は本気だよ、いつだって。誰がなんて言おうと。

今日も、ゴールデンな週に、残酷な現実と向き合っている。

 

 

良かったら聴いてください。

 

 

 

 

毎日読んでいただき感謝申し上げます。

良かったら、クリックもよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。