医療の不確実性って、ご存知だろうか?

 

昔、大学院で、

医療情報学を学んでいた時、

一番に教えられたこと。

 

医療というものは、

確実に、病気を治せる保証はない。

時に、大切な命さえも奪うことがある。

 

それが故に、学びを止めてはいけない。

それが故に、常に謙虚であらなければいけない。

それが故に、間違いがあれば謝罪しなければいけない。

 

 

医療情報。

つまり、体温や身長、血圧、酸素の濃度、血液検査結果、

画像診断、治療効果、薬、ワクチン、手術等々 

もうはっきり言って、医療に関する全てのこと。

 

この医療情報は、

不確実であることを、よく知り、

その情報の内容に関して、

どんな時も、謙虚に、学びを進め、

ときに、間違いを犯していたならば、

ときに、命を縮めてしまっていたならば、

しっかりと謝罪しなければいけないと。

 

そういうことを教わってきた。

 

 

今日、薬の副作用で、生死を彷徨った患者さんの初診往診があった。

すべての彼の話が医療情報であり、その話をすべてお聞かせいただくことも、

彼に関わってきた全ての医療人の代表として、謝罪の気持ちで、しっかりとお話を伺った。

 

医療は、一個人で、成り立つものではない。

 

先人の医療者たちの努力や、

多くの患者さんの命の犠牲の上に、

成り立つものである。

 

今日の初診往診は、先輩医師から

ご紹介いただいた患者さんだ。

 

その患者さんへの先輩医師の態度を見て、

僕はまだまだ努力が足りていないことを痛感した。

 

努力します。学びます。

今はそれしか言えないけど、

学びを進め、医療をもっと良くしたい。

そんな学びの多い一日だった。

 

 

 

ポニーテールが似合うだろう横浜?その近く?の友人と

病気の親友のことでメールのやりとりをした。

そしたら、この曲が頭に浮かんだ。元気を出して欲しい。

良かったら聴いてください。

 

 

 

毎日読んでいただき感謝申し上げます。

良かったら、クリックもよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。