プロ野球の野村克也監督が、旅立たれた。

3年前、最愛の妻サッチーさんに先立たれ、

一人を生きてこられました。

 

彼の、一人になった3年をテレビで見た時、

自分の人生の終い方を考えました。

 

白梅の花言葉は『気品』

 

 

人間は、100%死にます。

人生の終い方は、人それぞれ。全員違います。

 

生きてきた歴史、出会った人々、終いの場所。

すべて違っています。

 

人生には、

良いことも悪いこともどうでもいいことも

それぞれにあると思います。

なので、死ぬということに、良いも悪いもないと思います。

他人が評価することなんて意味がない。死に様は生き様。

まさに、終い方はその方の人生そのもの。

 

 

僭越ながら、ただ、一つだけ。

『心づもり』はあったほうがいいな。

ないよりあったほうがいいな。

それは、旅立つ人にも、旅立たれる人にも。

 

野村克也監督のご冥福をお祈りするとともに、

今日はそれを感じた旅立ちがありました。

 

 

『心づもり』できてたらいいな・・・。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング