昨日、書いたように、不安=急変✕医療依存度であるのだが、

実際にそうなのか、もう一度考えてみた。

そして、不安が強いとどうなるか、考えてみた。

 

 

『医療依存度』に関して。

 

輸血を必要以上に続けている患者さんは、不安が強い、のか?

化学療法を必要以上に続けている患者さんは、不安が強い、のか?

人工呼吸・人工栄養・人工透析を必要以上に続けている患者さんは、不安が強い、のか?

入院期間が必要以上に長い患者さんは、不安が強い、のか?

 

答えは、YESだ。

逆に言うと、必要以上に、それぞれの行為に、こだわってしまっている、、、、

 

次に、

 

『急変』に関して。

 

急変を繰り返される方は、不安が強い、のか?

急変の予防的対策を取っていない方は、不安が強い、のか?

緊急急変対応をちゃんとする訪問看護師さんがいない方は、不安が強い、のか?

かかりつけ医やザイタク医がいない方は、不安が強い、のか?

 

答えは、YESだ。

緊急の変化を繰り返し、適切に対応できていない場合、

入院医療へのこだわりが強くなっていく傾向にある。

 

 

 

 

では、この『不安』

放置すると、どうなるか?

 

私見だが、

これらの『不安』が強くなると、『尊厳死・平穏死』が、できにくい。

不安⇧ ⇔ 尊厳死・平穏死⇩

と、考えている。

 

 

この思考の繰り返し、もう少し続けたい。

みなさま、お付き合いください。

 

今日も、この『不安』との戦い、

いや、調整に追われた一日だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング