腸閉塞を繰り返し、

点滴の止め時を悟り、

大好きなお家に帰ってきた患者さんが、

大好きな奥さんが見守る中、

眠るように穏やかに旅立たれた。

 

病院から帰る時、

病院の先生にこっそり聞かれたそうだ。

 

先生、ワシが死ぬときはどんなふうや?

眠るようにスーッと静かに逝けますよ。

ワシはそれは嫌やわ。最期まで妻と話をしていたい。

できるなら、ピンピンコロリがエエねん。

 

お家に帰られ、

大好きな娘さんやお孫さん、

親戚や友人の方々、

お世話になった看護師さんや、

医者の卵の医学生さんや、

もちろん、大好きな奥さんと、

前日まで話をされ、

その次の日の朝、奥さんが見守る中、

一度、大きく目を見開いて、お家の中を見渡し、

そして、最期にもう一度、大きな息をされ、

目を閉じられ、スーッと静かに、旅立たれた。

 

 

ピンピンコロリって、コンナ感じ、ですよね。

 

本当に素晴らしい穏やかなお顔をされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング