この週末は、本当に大切な週末だった。

 

飛ぶはずのない飛行機が、離陸できたんだ。

飛べたのは、まだ、たったの1メートルだけど、、、

もしかしたら、世界、いや宇宙にまで、

月にまで到達できるのかもしれない気がしてきた。

 

 

ちょっと考えてみてほしい。

 

飛べると信じ応援している人と、

飛んでほしいけど無理だと思っている人と、

飛ぶわけないと必死に止める人と、

飛ぶなんてありえないとそっぽを向いている人と、

 

だいたい、

10%、

10%、

20%、

60%。

 

 

だということを、思い浮かべてほしい。

 

 

みんなお家に帰りたい。

仕事が終わり、

学校が終わり、

用事が終わったら、

ただただ、みんなお家に帰りたい。

それだけのことだ。

 

 

100%のひとが、

世界旅行ができる日が来ると思う。

お家に帰ることができると思う。

 

 

誰も、おいてはいかない。

誰も、敵ではない。

 

みんなで一緒に夢を見よう。

かならず、飛行機は飛ぶ。

かならず、お家に帰れるんだ。

 

この週末は有意義だった。

本当に感謝している。

 

ありがとうございました。

この週末が始まりだったと後で、

みんなで笑いたい。

 

 

路地裏兄弟は必ず、宇宙船を飛ばします。

そして、誰もおいてはいきません。

みんなで、月にいきましょう。

みんなで、お家に帰りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング