ザイタク医療は、

 

患者さんやご家族と

そして、

僕らのような医療介護者らと

 

ともに育てる医療だ。

 

 

一方通行では、決してない。

 

でもね、悔しいけど、

一生懸命の前提がもちろんあっての、

このザイタクってことがなぜだか伝わらない。

そんなのは当たり前なんやけど。

 

ほんとに、話したいのは、その先のこと。

 

どうやって暮らしたいのか、

どうやってその時を迎えたいのか。

 

年齢なんて関係ない。

老若男女みんな同じだ。

 

 

昔、外科のある研修医が大病院で当直をした夜。

患者さんが不安と息苦しさで、運ばれてこられた。

何色かの偉い先生は、患者さんから逃げた。

先輩外科医も一緒になって逃げた。

そして、その研修医も、、、知識も経験も学びも足らず、、、

結局、同じようにその場から逃げ出した。

その夜、苦しみの中、人が旅立つことを目の当たりにした。

彼女の人生から、医療者はみんな、逃げだした。

 

医療者の逃げは、自分も含め、理解する。

 

だからこそ、お願いだから、一緒に考えて欲しい。

人の人生は、僕ら医療者だけでは、決して図れない。

医療者任せじゃあ、やっぱアカンねん。

 

雷雨も多く迷子になりそうな一週間。

そんなことを考えてたら、

こんな歌が聴こえてきた。

よかったら聴いて下さい。

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。