がんターミナル期のザイタクでは、

急激な痛みや発熱に伴って

急に日常生活動作の低下が起こる。

 

その時に、いかにスピード感をもって、

チームが連動できるかが

ザイタク療養継続の鍵である。

 

その際のキープレイヤーは、

ケアマネさんと福祉用具貸与業者さんだ。

 

 

 

独居の女性で、身の周りのことはすべて自分でやりたい。

近くに住む家族に迷惑をかけたくない。

 

 

腹部の痛みが増し、

日常生活動作のレベルが急激に下がった。

 

 

医療用麻薬での症状コントロールはもちろん行うのだが、

彼女らしさを支えるには、介護ベッドがやはり必要だ。

 

 

日常生活動作の低下を最小限にして、

独居ザイタクを継続したいと彼女は願った。

そして、家族も彼女の思いを尊重した。

 

 

 

 

昼の12時の訪問診療時に、

その彼女の願いを再確認したと同時に、

ケアマネさんと福祉用具貸与業者さんに連絡を取る。

まだ導入できていない介護保険とベッドの準備が、

夕方16時にできていた。

 

やっぱ、スゲ~~~って、思った。

まだまだ夢のあるザイタクやれるやん!!!

こんなコロナ禍なんて何のその。

 

 

 

 

今日、ご本人が言った。

 

このベッド、ええわあ。

ホンマは嫌や思てたけど、使ってみたら、

痛かったお腹、全然痛くなく起きれるし。

ワタシまだ一人暮らしできるわ。

 

その安堵の顔に一筋の涙。

 

センセ、私やっぱりまだ死にた無いねん。

 

 

 

 

このベッドがこの短時間で、

搬入できるこのチームは、

ザイタクに革命を起こします。

 

いつもありがとうございます。

やっぱりザイタクは最高です。

 

 

 

 

 

 

毎日読んでいただき感謝申し上げます。

良かったら、クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

たなかホームケアクリニックYOUTUBEチャンネル登録よろしくお願いします。