40代のKIYOさんは、

とっても綺麗で可愛らしい奥さんだった。

彼女の夫は、いつも彼女の想いに寄り添われた。

 

最期の時を大切にするために、

彼は仕事をテレワークに変え、

毎日を大切に大切に一緒に過ごされた。

 

彼女たちの最期の治療の選択は、本当に素晴らしかった。

必要以上の医療は選択されず、選択されたのは、

『彼女らしさ』という選択だった。

 

彼女が育てた子供たちは、必死に踏ん張っていた。

毎日、いつも笑顔でいようとした。

 

いよいよのときが近いある日の診察の時、僕の携帯電話がなった。

「わたしは後で良いから、先に電話に出てあげて。先生の助けが必要なのだから」

と話された。

 

彼女は、そのときが近いのにもかかわらず、

自分以外の患者さんを気遣う優しい心を持っておられた。

これこそが彼女らしさであり、彼女の生き方だったのだと思う。

 

この彼女らしい生き方も素晴らしいし、

この生き方を支えた家族もとっても素敵だった。

 

彼女が育てた子供たちも、きっと、

この『彼女らしい』優しい心を引き継いでいることだろう。

 

また、一つ大切なことを教えてもらった。

ありがとうございます。