まひろちゃん(医学生3年生)、

どんな感じやった?!

ザイタク医療、楽しかった?

 

 

医学生3年生に、昨日は丸一日、

訪問診療を、ご一緒いただいた。

 

コロナ時代の今、

医学部3年生の学校の授業は、

ほぼ全てオンライン授業で、スライドの講義。

楽しいか楽しくないかはさておき、

まさに今どきである。

 

そんな中、昨日の同行訪問は、

将来の医者の卵にとって、

刺激的な一日になったと思う。

 

もちろんタナカにとっても、

非常に意義のある、

また、大切な気付きの、一日となった。

 

 

もちろん楽しかったけど、

患者さんを、見れたから良かった。

 

生活の中での症状から、病気を診断し、

その診断をもとに治療を届ける。

 

このサイクルを、スムーズにできるようになりたい。

 

まひろちゃんは、サラッと答えた。

 

 

あっそうだ、そのシンプルなこと、

それが医者の仕事だ。と、思い出した。

在宅がどうやとか、病院がどうやとか、

意識しすぎるタナカであったことを気付かされた。

 

ほかにも、彼女が感じたこと、話してもらう場として、

来週月曜日20時からインスタライブ配信する予定。

よろしくお願いします。

 

 

 

あ~そう言えば、帰りがけ、

それでも、こんな事も言ってたな。

 

どのお家も、病院の匂いはしなかった。

それぞれのお家らしい匂いだった。

それから、

ご飯食べれてない方が多かったけど、

点滴をかけるS字フックが、

どの家にもなかった気がする、、、

 

 

やっぱりザイタク医療、

伝わっている気がした。

 

嬉しかった。

 

また,同行訪問に来てもらう予定です。

皆さんお世話になりますが、

よろしくおねがいします。

 

それから、どなたか、他のザイタクの先生も、

医学生3年生の同行訪問していただけませんか?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング参加中です。

クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村


人気ブログランキング